シンクロ

ドイツのパンの詰め合わせセットをプレゼントにいただいた。

ずっしりと重く箱を開けると,芳香がふわっと顔をかすめてひろがってゆく。

幸せな気分になる。

さらに2,3日前に家内が、近くの牧場から手作りドイツハムを買ってきていた。

神戸でドイツ人について学び創業80年ほどにもなる本格派ハム工房で

東京の三越などにも卸しているらしい。スーパーなどのハムはニセモノじみてくるほどだ。

昼飯前だし後はビールだ。夏の名残の恵比寿ビールがあったので、

冷やしたジョッキに移してゴクゴクぐびぐびと飲む、ハムサンドをかみちぎり、

咀嚼しながら、またビールを飲む。

ドイツ労働者階級風の昼飯は、汗だくの草刈作業の後にはちょうどよろしい。

こういう日曜日は実に嬉しいものだ。

それにしてもドイツ風シンクロニシティーだった。

ドイツから国際便の封筒が届いたのが先日だった。ブルーノ・グルーニング協会の

冊子だ。なかなか参考になる。

祖父は96年前、日独戦争に、21歳の陸軍少尉として従軍している。

いわゆる日英同盟のもと、チンタオ(青島)作戦に参加したのだ。

その折に使ったサーベルやドイツ式飯ごうなどが最近まで残っていた。

祖父はその後、ドイツファンになり、ドイツ本国から、

戦前には珍しい電蓄やレコードなどを取り寄せては楽しんでいたそうだ。

その残り香も,先年すべて捨ててしまったが。

私にとってもドイツは好きな国だが、最近は縁が遠くなっていたようだ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる