目標

師匠による日々のカレンダーの言葉から。

18日は「目標は紙に書いたとたんに遠くなる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まいど会以外の方でも、大黒屋コメントルームの読者なら、この言葉の

意味するところが少しお分かりになるかもしれない。

あるいはまた、経験から何となく分かる方もいるだろう。

今月の売上目標1000万円、とか、○○大学絶対合格とか、

12月31日までに10kg減量とか、・・・・・。

たいていうまくいかない。

どうしてだろうか。

目標、つまりは願望が、叶わないかもしれない、いや、叶いそうもないな、

といった、恐れが根底にあって、紙に書いた目標は、

それを払拭する儀式になってしまっているからである。

いいかえれば、叶わないことを願っている、と言うことだ。

あるいはまた、紙に書いたことで、

紙に書いたことが目標そのものと取って代わったと見ることもできる。

意識の世界は実に繊細である。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる