時間


新聞の健康コラムから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
75歳以上の方を対象に、時計を見ずに「60秒」を予測する実験で、

45秒未満で「60秒になりました」と答えた人と、

75秒以上で「60秒になりました」と答えた人の、

5年後を比べた。60秒を45秒未満と答えた人は長生きして、

75秒以上とした人は早く亡くなっていました・・・・。

45秒以下と答えた人は1日を60/45つまり1.3日と感じており、

75秒以上と答えた人は1日を60/75つまり0.8日と感じている。

45秒の人たちはゆったりとした感じで毎日を送っており、それが長生きの理由ではないか、

75秒の人たちはせかせかした日々で寿命が縮まった、・・・・・・(丸山寛之、健康歳時記)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間は知覚であり,脳の創り出した相対的な枠組みととらえるならば個人差があって当然である。

個人差はエゴの主たる側面だから寿命もエゴの表現形式の一つとなる。

「せかせかしている」と見切って長生きすることも可能だろう。

ただし人生は量ではなく質で見たほうがよいと思う。

人生の長さを時間量とみれば長生き願望ビジネスの温床になっており、

これからますます伸びるだろう。

我が県では170歳にして生存していることになってる方がおられる。

そして我が家にも130歳の曽祖母がまだいらっしゃるような・・・・。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる