高速道路にて

片側2車線の高速道路を、ブルーのポルシェとしばらく並走した。

ちらりと見れば、運転しているのは、白髪の老婦人である。

70歳前後だろうか。見た瞬間の記憶では、レモン色のブラウスに、

白い大きめの玉の連なる首飾りが似合っている。

そして黒のサングラスが極めつけのアクセントだ。

数秒後、ポルシェはすっと加速して、私は軽く、置いてけぼりになった。

こういうことは,悪くはないな、と思う。

国が一応、安定していればこそ見られる風景である。

格差が広がりつつある社会とはいえ、均質化するよりは面白い。

半世紀昔の70歳と言えば、もう『お迎え』を覚悟しており、周りもそれとなく

気を使い、やがてそのとおりになった。静かで穏やかではあった。

服装も質素極まりなく灰色や紺色しか記憶にない。

口紅など、ばあさんがすればお化けと言われたものだ。

今、気品のあるおしゃれをして120km毎時でぶっ飛ばす方もいる。

多様性のある社会は、半世紀にわたり人々が創り上げた作品ともいえるし、

気持ち的には日本もまだまだ捨てたもんじゃない、とも思う。

それを許し、認める人がいる限り、もう少しだけ穏やかな日々が続く可能性はある。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる