とりかえし可能か

「ウソだろう」いわゆる都市伝説の類、面白おかしい話のネタだろう、

と思っていたが、この話は現実のことらしい。

先日久しぶりに会った元大学教授の友人と話していて、ともに嘆くばかり。

「どうなってるんだろうね、この日本は!」

彼が教官をしていたころからこのような学生がいたそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

{週刊文春の記事から。}

尾籠な話で恐縮だが「便所飯」という言葉をご存じか?「読んで字のごとく“便所で飯を食べる”こと。

かなりの若者がトイレの個室の中でひとりで食事をしているというんです」(情報誌記者)

何でわざわざトイレ?「彼らも好きで“便所飯”をしているわけではありません。

学食など人目につく場所でひとりで食事をしているところを他人に見られると、

“一緒にランチをする友達がいないんだ”と思われてしまう……。

そういった強迫観念から、ひとりで食事をする姿を絶対に誰にも見られないトイレに逃げ込んでいるんです。

別にひとりで食事をしていたくらいで、他人はそこまで気にしないと思うが……。」

「“便所飯”現象の背景には九〇年代以降の学校教育があると思います。

“露骨な順位はつけるべきではない”という風潮から、テストの成績を張り出さない、

学芸会はみんなが主役、運動会は手を繋いでゴール……が当たり前。

また“仲間はずれはよくない”という方針から、給食はグループで食べましょう、

友達をたくさん作りましょう、と教え込まれた。

それが“友達の数で人の価値が決まる”という歪んだ考え方を生み出してしまった。」

(『なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか』[祥伝社]の著者で精神科医の和田秀樹氏)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さまざまな角度、立場から無数の論評があるだろう。

この深刻で滑稽な状況から日本の再生はあるのか、可能なのか?

運動会で手をつないでゴール?。馬鹿たれが。

平等の意味が分かっていないやつらの作文の結果がこうだ。

われわれの老後は、かくのごとき便所飯の若者に支えられるのか。

えい、畑に出て野菜を作り、芋を植えるぞ。死ぬまで自立しかないようだな。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる