変化

この時期は、盆を間近にひかえ、垣根摘みや庭木の剪定、下草の処理に忙しい。

竹の種類にもよるが、剪定しても翌日には4~5cmは伸びている。

旺盛な伸長の時期である。

同じように小動物たちにとっても本来は、繁殖や成長の時期でもある。

ところが今年は、例年と何かが違う。

夕立の前には盛大に啼くカエルの合唱がほとんどないのだ。

カエルが少なくなっているようだ。

だからカエルをえさとする蛇もめっきり見えなくなった。

毎年顔を見せる2mほどの青大将も去年あたりから消えた。

コガネムシも来ない。

トカゲはもういなくなったのか。

カナヘビもいない。

庭の水溜りに生息する赤カニもとっくにいなくなった。

夜は、虫たちの大合唱でTVの音さえ聴こえないほどだったのに

わずかのさえずりがあるのみである。

気温だけはじりじりと上がり続けて前年を更新している。

植物相にも変化が出ている。南方系のつる性植物が幅を利かせている。

変化のカーブが急に過ぎる。

体で感じられるようになったとき、次に来るのは突然の大変動、破局だ。

人が心の問題であることに気づくことだけは、まだ残されている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる