われわれは

私たちは、世に正義を問うことはしない。人を正そうともしない。

それは、思考の産物であり、個人の考えの領域であるからだ。

個人の心の問題であって、その中に、答を導く力はない。

世に「答」が果たしてあるのか。

人類の歴史を見れば分かるだろう。

極論だが幻影に過ぎないと言っておこう。

討論や議論の場は、いわば恐怖心と攻撃心の応酬に過ぎないし、

エゴがふらふら、ふつふつと、と深い底から湧き上がる劇場に過ぎない。

私たちは自分の心の映像が「例外なく」、身の周りの光景となって

現出していることを認識し、それを許し、膨大な意識を意識することで

修正され、矯正され、解体されて行く流れにまかせること、

それだけをやっている、

そのためのトレーニングを重ねているグループだ。

エゴの数だけ嫌な思いが起きる、

ネガティブな光景を目にする、

雑音を聞く、

腐臭に顔を背ける・・・・・・・。

それを許す, 赦す・・。

限りない繰り返しだが、生きてある証はここにしかないのだ。

おそらく、ここからしか、本当の「安らぎ」や「喜び」は生まれないのだ。

最近、「お前は、本当に体験したことがあるのか、え!」と言う内なる声を聞く。

「生かされていること」それが証だ。

われわれには見切る、身を入れる、さまざまな技法がある。

それを習得して行く過程の中にしか、安らぎや喜びはないのである。

そして、その遠い延長上に平和な人類社会がある。

今年も平和運動が8月にむけて盛り上がり始めている。

平和は戦うことで勝ち取るものではない、内なる平和は傍にある。

それに気づくだけだ。

何千年もかかるかもしれないが唯一の近道である。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる