「血を分けしものと思はず蚊の憎さ」 (~江戸前期の内藤丈草の作)

毎日、蚊に刺される。痒い痒い。

この句では、蚊と自分とは血を分け合った仲と詠んである。

その蚊を憎むところに「戯れ」がある。余裕である。

中には本気になって怒る人もいるようだが、やめましょう。

自然現象、季節の風物詩、風のようなもの、・・・としよう。

蚊は地上20m以上には登らないらしい、また、団扇程度の風にも流されると言う。

高層マンション住まいの方にはこの憎さは味わえないだろうね。

痒みには、「浸透」をひと吹きすると楽になります。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日本保健水本舗から肌や皮膚用の水「浸透」が発売されます。

蚊や虫刺されに使ってみましょう。

なお、「加齢臭」対応の水もサンプル対応(スプレー)で提供されます。

注文されるときにその旨お書きください。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる