エゴ

エゴとは膨大な意識から分離したことを言う。

善悪とは無関係である。根底には、失うことへの恐れがある。

恐れそのものといってもいい。

例えば、交通ルールについてはどうなのか。

「守らなければ」、自分の身が危険になる、

違反点数がつく、

保険金額が上がる、・・・・・・・・・

要するに失うものが多いのだ。

損得勘定が働く。だから、守らざるを得ない。エゴだ。

逆に「守れば」どうか。

一応身の危険は低くはなるだろう、

違反点数はつかないだろう。

これも損得勘定だ。エゴだ。

しかし、時速50km制限区間を45km毎時の速度で走れば

他の車に与えるストレスは大きい。

後ろの車は、追越をかけるかもしれない、危険だ。

時には渋滞を引き起こす、自分さえよければ、ではないのだ。

まして、この区間を時速30kmで走れば、

違反ではないが、他への影響はかなり大きい。

一方高速道路を時速160km以上で走ることの爽快感は言葉には代えがたい・・・・。

迷惑をかけなければいいのだ、という言い訳も見え隠れする。

違反承知の上だが、思考だからエゴ。

私の車のうち、滅多に乗らないスポーツカーがある、

サイドミラーはアメリカ仕様で固定式、そのほかいろいろの違法改造・・・・。

これもルール違反だ。

しかし、各種メーターや特殊パーツを見るだけ触るだけで楽しい、嬉しい。

エゴとは、ルールを守る守らないではないのだ。

心がその先に恐れを選択しているかどうかに尽きる。

だから「他のために自分には何が出来るか」を基準に選ぼう。

そのほうが楽だよ。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる