病気と知識

イマジンより

『状態というのは、われわれがそれを自覚し、

それを認めている限り存在し続けます。

ですから、たとえば病気であっても、ああそうですか、

といったん認識してみればそれで終わり。

それ以上に何もしなくてもいいのに、

医者以上にそれについて詳しくなったりする人もいます。

より強固に自分はその病気であることを確信する方向へと

心を誘導してしまっています。

たとえ医者が介在しようが、クスリが介在しようが、治療家が媒介しようが、

治すのは膨大な意識。・・・・・・・・』


いまや、病気に関する知識は本であれインターネットであれ驚くほど豊富です。

知れば知るほどに、落ち込む、不安は膨れ上がる、希望は消えてゆく、

そして根底にはビジネスの影が忍び寄っています。

もちろん治ればよいのですが、難病とされたものほど、その刷り込みは強固です。

このままでは、エゴの粘着性の強い絡まる糸から逃れる術はありません。

本当は、粘着性も絡まる糸も自分で創ったものに過ぎないのですが、

「他から」と見る限りは常に力を与え続けてしまいます。

薬を求め、うわさのよいい医者を探し、果てはオカルトまがいの世界に迷い込む、

さらにはそれさえも不安で二股、三股をかける。

それほどにして、いったい何を守ろうとしているのでしょうか。

それさえ、明確にはなっていないようです。

病気を怖れる自分の心が不健康であることに気づけば、少しは希望が見える。

膨大な意識が治す、膨大な意識しか治せない。

膨大な意識の通りを妨げているのが余計な知識だったと、気づけばいいのですが。

最近のクライアントさんは、数値で迫ってきます。

医者から言われた言葉で質問してきます。

大丈夫かな、ご本人は。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////

大阪展示会のお知らせ

6月13日(日)10時~16時   無料

画像を眺める体験、保健水の試飲、まいど会式トリートメント体験、など。

途中で簡単な講話もあります。

会場は アネックスパル法円坂 http://www.zaidan.or.jp/
              電話06-6943-5021
             JR環状線 森ノ宮駅から徒歩約10分。
              KKRホテル大阪の近く
              (旧中央青年センター)

             


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる