日常へ

簡単な所作なのに,○○結界をすると心が瞬時に変化する。

肉体を持てばこそ出来るトレーニングである。

私の場合は、瞬間、斜め上方後ろに意識がずれるような感じだ。

そして重力の拘束から万分の一秒ほど自由になる。

そのわずかの隙間に、流れ込んでくる無量の「もの」がある。

朝からすることが多いが、もう3年になるだろうか。

直後しばらく、高揚感が湧き上がる。

療法に入るときにも、未知なる状況に入るのも、困難が予想されることでも

もう怖れるものはない。

おそらく、判断が「別のもの」に置き換わるのだろう。

所作がシンプルで意識の変容が容易に出来るということは、

平凡な言葉だが、究極の流れを汲んでいるからだろう。

本物に触れたときに起きる透明純粋な喜びだ。

こういうものが、多くの人々の日常に自然な形で、

たとえばラジオ体操のように取り入れられる日が来ればいいなと思う。

もちろんこれ以前に相応の基礎トレーニングが必要ではあるが。

多分、今よりははるかに進化した社会が生まれるだろう。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる