水の不思議

師匠から提供された各種水を事務所の冷蔵庫に保管している。

古いものは5年以上前のものから最新のものまで10数本はあるだろう。

冷蔵庫の一番大きな部屋は普通はジュースやマヨネーズ、ビール、

ハムや佃煮といったものを入れる部屋だから、

大体において4,5度Cはあるのではないだろうか。

だから普通なら水などは凍ることはない。

ところが、これら水のうち2本が完全に凍ってしまってたのである。

ともに、いただいた画像のシールを貼っていたボトルであった。

面白いことに、隣のボトルは凍っていない。

部屋の中の温度はファンも付いているしほぼ均一といっていいだろう。

温度むらによるものとは考えにくい。

本来なら厳密な再現実験が必要だろうが

特定の画像処理した水は、0度C以上の温度(4,5度)で凍ることもある、

ということもあるという事実だ。

今朝、このことを知って、ぞくっとしてしまった。

工学的な研究がなされて、工業分野での応用が促進されれば、

計り知れない価値があるかもしれない。

ただし、再現性という難しい課題は常に付きまとうだろうな。

水の持つ不思議さである。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる