年末にNHKで放送された「坂の上の雲」は、

元気をなくしたわが国の正当な人々に勇気を与えたかもしれない。

私が高校時代から尊敬した秋山好古(あきやまよしふる)や秋山真之(まさゆき)は

100年ほど前の日露戦争における陸海軍の実戦的なリーダーだった兄弟である。

特に兄の好古の生き方が面白い。日本騎兵創成期の立役者だ。

「独立独行」「簡単明瞭」「単純明快」。

完全に自立し、シンプルな生き方を貫いた方だ。

エゴが少ない。無駄な思考は一切排除している。

私有物も極端に少なかったらしい。

執着がないのだ。

だから、己に厳しく人に優しい。

直観に優れ、危機に会うも何度も立ち上がっている。

こういう指揮官の下には、当然よき勇敢な兵が育つ。

時代が生んだ最高の軍人、そして最後の古武士であったと言われている。



師匠から人の性格はほとんどが「母親」によって左右されると聞いた。

ここの意味するところは極めて重要だ。

男の子が父を越えるのは難しくはない、単純な思考だからだ。

母を超えるには困難さが付きまとう、深層の傷が分からないからだ。

母さえも気がついていない。「良かれと思って・・・・」等はどうでもいい、

さらにその下にあるものを探っても多分わからないだろう。

だから、「○○○を選択する」ほかはないのだ。

なお、娘は母親と同心円をなしていると言うことだ、これは男にはようく分かる。

「育てる」とは自分の規範を押し付けるのではない、「自らの解放」なのだが・・・。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる