男子厨房に入る

肉体の疲れは短時間の睡眠でとれるが、

脳、つまり思考による疲れはなかなか取れにくい。

エゴが膨大な意識の意識の流れを拒否することになるからだね。

一定量の睡眠が必要なのはこのためなのだが、

料理をすることは、脳の疲れをかなり緩和するということを、

師匠から教えていただいたことがある。

以前には見向きもしなかった「お料理」だが、それ以来時々台所に立つ。

1月の帰りの新幹線の中で読む本として、

何と「dancyu」という料理雑誌を買い込んで熟読してしまった。

タイトルがいい。「食こそエンターテインメント」

「冬の贅沢を楽しもう」「シチュー、野菜スープ、ビストロ煮込み」

「牛肉の赤ワイン煮、若鶏のクリームシチュー・・・・・・」

そういえば最近は少しキッチンから遠のいたな。

大切なことを忘れてはならない。

ということで今朝、午前1時ころ

ふと思いついて、簡単な牛肉と野菜のワイン煮込みを作ってみた、

炒めるときにバターを使うと風味が増す。塩と胡椒でさっと味付けして

ワインとともにいただいた。

さいわい家内も起きていたので深夜のパーティーと相成ってしまった。

最後は、一応、定番の胃腸薬でお仕舞いとなった。

だからさ、

カロリーとか、メタボとか、中性脂肪とか、余計なことを考えないことだよ。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる