FC2ブログ

複製

元イラストレーターで今は画家の横尾忠則さんが、エッセイ集「人工庭園」の中で面白いことを

言っておられる。

個展に出品予定の作品が所在不明とわかり、複製を制作することになった。36年前の

作品で写真だけは残っているのでそれを基にそっくりさんを作ろうというわけである。

以下・・・・・・で挟まれた部分は横尾さんの文章の一節である、適当に抜粋してごめんなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いざ描き始めるとこれがなかなか難しい、絵は自由自在に描けばいいものが贋作はそんなわけには
いかない。本物そっくりに描かなければならないのに,思わず創作してしまいそうになる」

「オリジナルを描いた人間がどうしてピタッと同じ絵が描けないのだろう・・・」

「だけど面白いことに気づいた。どうしてもソックリさんが作りたければ『我』という意識を持ってはいけないということだ。つまり『我』の放棄が必要なのである。芸術の難しいところはこの『我』という問題である。・・・・・・・・強烈な個性は『我』の貫徹が決め手になる。ところが果たしてそうなんだろうか。
『我』の貫徹が西洋のやり方だとすると、東洋のやり方はむしろ『我』の放棄ではないか。複製を描きながら、僕はそんなことを感じるのだった。・・・・・・・・」

「元の作品に比べれば複製画は自由ではないが、ありのままに従うという複製の行為はどことなく『我』と切り離されていて、まるで大空をゆっくり飛んでいる鳥のような爽快さがあるのだ。苦心惨憺して傑作を物にしようと意識するよりも、『我』から離れて対象に没入する気分は、本能が求める本来の楽しみのような気がしないでもないのであった。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間の体の細胞はおよそ8年で完全に入れ替わるそうである。36年たてば4回は入れ替わってるわ
けで完全に別人といってよいだろう。36年前の自分の作品を別人となった私が複製する、彼自身そう思っている。だから『我』をすててやらなければうまくいかないと。自分の作品にしてからがそうなのだ。
彼が複製を『贋作』というのも無理からぬ気持ちであろう。『我』(エゴ)を捨てれば変わらぬものが描けるのではないか、といっておられる。複製制作を通して、任せる、ことを知っておられるようだ。

エゴは経年変化するのだ。だから人は変化する。世間知に長けた人になるか、命輝く人となるか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる