シンプルがいい

エゴはどういうときに見えるのか。

自分に「欠けている」と思う気持ちが働いてそれを満たそうとするときエゴが動く。

例えば、こうありたい、こうしたい、あのようになりたい、・・・・・・

何か理想状態を思考で作り上げて、そこに達していないと思考しているときに

「どうすればよいか」「どうあればよいのか」「どうあつかったらよいのか・・・」

などなど・・・・、このような思いが湧いてきた時などである。

これがエゴの見えるときの一場面だ。

本来、実相の世界では、われわれは全てが満たされている、全てが完全である。

ということを知っている。それを忘れたときだ。

しかし、この展開もおかしい。

忘れるとは、かっては知っていたこと、

知っていたならば「欠けている」などの発想は起きないからである。

知識とはこの程度の危うさなのである。

この実相の世界がなければ、

対極としての世界がなければ化相たるわが思考の世界も成り立たないのだ、

というのも論理遊びなんだろうね。

思考は思考を超えられない、当たり前だ。

結局こうなる。師匠の言葉より

「素直が一番、アホが一番。」

「ぐちだけは言わんとこな。」

ハラの底にず~~んとくればいいのだけどね。




//////////////////////////////////////////////////////////////////////

現在、ガン対処遠隔を受けておられる方で、希望される方にご案内です。

大黒屋師匠から新たに「水」が提供されました。

ご希望の方は管理者あてのコメントにて申し込んでください。無償です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる