違い

師匠の言葉

「アナタの考えと違うものに、心を開くように、魂は迫ってくる。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えが違うものとは、とりあえず視座がどこにあるかの違いと思いますが、

なかなか分かりにくいものです。本来は自己観察によって見てゆくものですが、

その一つに「私は苦手」というジャンルがあります。

今までずっと避けてきた、また逃げてきたテーマや姿勢や立場や思考法であったりします。

こういう異質なものとの出会いはけっこう「きつい」。

苦手だから、寄ってくる来るのだろうね。いわゆる引き寄せです。

自分の中にある○○が必要と認め、自らまねいているのだと思う。

だから、たとえば身近な例では、

会計が苦手なら、子ども会の会計係が、

料理が苦手なら、親の介護や、バザーでのピザつくりや、

話が苦手なら、会合でのスピーチや、プレゼンテーションが、

掃除が苦手なら、大事なお客が来ることに、

整理整頓が苦手なら、重要な書類がどこに行ったか分からなくなったり、

・・・・・・・・・・・・

逃げないでやってみましょう。

魂がすこし喜びます。

練習しておいた方がよいですね。

多分われわれは未だ心が開いていないのでしょうね。

それが下手なんでしょうね。

政治改革が新たな混乱の幕開けであったり、

果ては、戦争への恐れから次ぎなる戦争をまねいたり・・・。

しかし、それでもまだまだ皮相的な見方です。

同じ側にいてあちこちさ迷うだけ。

本当はもっとすごいんだから。

というか次元が違う。

この言葉は私のもっとも大切な一つです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる