いま日本で

 私の住む県の地方紙の第一面下にあるコラムの中にに次のような文が引用されていた。

「政治屋は次の選挙を考え、政治家は次の時代のことを考える」

これはアメリカの牧師で、奴隷制度の撤廃を訴え続けたジェームス・クラーク(1810~1888)という人の

言葉だそうである。

時々、聞いたことはあるがアメリカの人だったのだね。

では、日本の政治は、屋か家か、どちらだろうね。

今の日本の政治の現状をみれば、誰だって批判や厳しい攻撃はいくらでもできる。

腹が立つよりも、目を覆いたくなるような惨状だ。

しかし、私たちは、別の見方をも知っておいたほうがいい。

イマジンより

「未来の恐怖を予測可能だと教えるエゴのシステムでは、いま見ている世界から目をそらさせ、

過去と未来に対していつも心配や不安をもっていなければなりません」

わが心を見よ。

そして、周りは全てわが心の投影であることを知れ。なのだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる