梅の香り

Lさんへ

「梅が香や隣は荻生惣右衛門」(其角)  

一時期、松尾芭蕉の高弟でもある天才的な俳人其角の家の隣に住んでいたのは、

元禄時代の最高の思想家、政治学者、哲学者、荻生徂徠(惣右衛門)です。

彼の言葉、「 我が心をもって我が心を治めんとするは,狂者自らその狂を治むるごとし。

 いずくんぞよくこれを治めん。」 「弁道」荻生徂徠

以前、この言葉を引用したことがありました。

心というものが何であるのかがまだ分からなかったのでしょうね。

膨大な意識とエゴという対比ができてないようです。

つまり未だ混乱の中にある。

きっと、辛かったでしょうね。同情します。

彼ほどの方でも、かくの如し。

私たちはこれを超えようとしている?。

分かりますか。またとないチャンスです。

何十億の時間の流れの中でであった千載一遇の奇跡、分かればいいのですが。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる