見切る

「見切る」とき、その言葉を、

強く思いながら、心をこめて、例えば「怒り」、「憎しみ」等と言う、

できればそのときの光景をありありと思い浮かべながら言う、

時間を決めて集中してやっていますという、一生懸命に丁寧にやっています、

ということを、複数の人から聞いた。

ああ、なんということだろう。

大きな誤りである。

エゴを無力化しようとしているのにエゴを強化してしまっている。

こういう変な見切りはしてはいけない。

いや「見切り」とはいえない代物。百害あって一利なし。

フット湧き上がった感情に対し、軽く、淡々と、あるいは事務的に見切る言葉を言うだけでよいのだ。

また、発声しなくてもいい。

さらに、「見切る」意味付けや、そのことを理解しようなどとしないほうがいい、

機械的に淡々とこなす。

考えを出来るだけはさまないようにする。

やはりこれも練習の積み重ねが必要だ。

概念が一人歩きすればどうしてもはずれてしまう。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる