迷わず

衛星放送のディスカバリーチャンネルはなかなか面白い。

日本ではまず不可能な番組を制作し放映している。

たとえば、UFO特集、銃や爆薬を使った実験、兵器の性能評価、車の改造ドキュメント、

過酷なサバイバル、人体を使ったかなり危険な実験など実に興味深いものがたくさんある。

先日,「火渡り」の実験の番組があっていた。薪を大量に燃やし、

残り火を幅1mほど、長さ10mほどに広げその上を裸足で歩いて渡ろうというものである。

日本でも修験道などの見せ場でよく行われる。霊力や気迫,信心の深さの証拠としてその上を歩くのだ。

アメリカでの実験もやりかたは全く同じである、その道のプロがさっさと平然と渡ってゆく、

火傷はしない、それを見た一人が意を決して渡る、無事に通過、後には見学者がぞろぞろと続く。

誰もが火傷しない。

理由は簡単だ、火に触れるのは瞬間だし、炭には凹凸があり、

足の裏の同一箇所に続けて火が触れることはまずない、

足裏はすこし湿っており火との間に水蒸気膜ができ瞬間ならば断熱する、・・・・などである。

霊力や信心深さなどとは一切関係ないのだ。

まさに理科の実験そのものである。

ただし、これでも躊躇したり、迷いがあったりしたら危険だそうである。

現に大火傷をした人もあるらしい。

なにしろ、そのまま仮に1秒でも経過すると500度以上の熱にさらされるのだ。

迷いは、本来安全にもかかわらず危険を呼び寄せる。

覚悟して行えば危険さえも福となる。

「覚悟」はときに、「心を開く」に通じる。

危険という判断の外に出るからだ。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる