身体

Kさんは、自動車運転免許の試験で実習が少ないにもかかわらず

実技はあっという間に合格したのに、学科試験で3ヶ月もかかった、

6回ほど受けたらしい。

一方Tさんは、学科は一回で満点近い成績、実技で7,8回も不合格になり

いったんは放り出しそうになったらしいが3,4ヵ月後にやっと合格となった。

中には実技、学科ともに1回で合格という人もいる。

ひとそれぞれだから比較に意味はないかもしれないが、

どこに違いがあるのだろうか。直接的な原因はいろいろあるだろうが、

多分、身体や心の硬さ柔らかさに関係している部分もかなり大きいと思う。

基礎トレーニングをしていて、毎回、気づくのは身体の硬さだ。

心の硬さに連動してることは、経験で分かる。

やはり、心のあり方なのだ。

同時に、ストレッチをしたりインナーマッスルを意識することも必要である。

ウォーキングもよさそうだ。

身体を与えられているということは、

身体を通して学ばなければならないことがあるからだ。特質を知ることだ。

呼吸法だって入り口は身体なのだ。

うっかり忘れるところだった。

温かくなったら歩こう。自転車に乗ろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
師匠の言葉

「苦しみは出来事から生まれたものではない。自分の中から生まれた。」




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる