判断は

Lさんへ


判断を捨てるのは怖いですか。

判断し続けて「今の私」がありますね。

判断を捨てて、まかせきったもう一人の私がどこかで待っています。

いつの日にか、会えるのでしょう。

さすれば内外のバランスの取れた自分が見つかるでしょう。

これを顕幽一致というのかな。

でも、求めようとすれば、手のひらの上の淡雪の如く、消えます。

このもどかしさは量子論の観察問題と似たところがあります。

でもね、ずっと昔から分かっていたことなんだ。

実は、正解なんてないのです。

正解って、求めるものでしょう、だから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる