FC2ブログ

LEDライトの功罪

オフィスの蛍光灯の寿命が来たようで、全部を交換しようと思い、業者さんに問い合わせをしました。

すると、『もう製造中止で、在庫があるかどうか確認する』との返事でした。

省エネ化でLED照明への置き換えが想像するよりも速く進行しています。

すでに白熱電灯はほとんど駆逐されています。

以下はネットからの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに、LED照明は、蛍光灯と比べ、「寿命が長い」

その上、「消費電力が少ない」と経済的には優れたものです。

更に、蛍光灯や水銀灯と違い、蛍光剤や水銀などの「有害物質」も含まれていませんし、

機器に起こるノイズなどの「余計な電磁波の発生も少ない」など、沢山のメリットがあります。

しかも、発光した光に含まれる「紫外線」の量も少い為、皮膚に与える被害も少なく、

虫の見える波長が主に紫外線である為、人間には見える照明の光であっても、

虫にとっては、見え難い薄暗い光なので、「虫が寄って来ない」というメリットもあります。

この様にLEDのメリットに関しては、蛍光灯よりも優れ、一見すると人体にも優しい技術の様に見えます。

一方で、

LED電球やLED蛍光灯などのLED照明には、目に

有害な「青色光(ブルーライト)」が含まれており、眼のみならず、

睡眠などの生体リズムへの間接的な障害が生じる事が懸念されています。

青色光(ブルーライト)の弊害は大きく分けてニつあるのですが、

その一つは、よく知られている眼に与える影響であり、

大気中の粒子にぶつかった光が散乱し易い為、

ピントを合わせる為に瞳孔を収縮させる毛様体筋を刺激する事で眼が疲労し易くなり、

その結果、眼精疲労やドライアイが引き起こされます。

もう一つの弊害は、生活リズムに与える影響です。

特に夜、長時間浴びると、メラトニンというホルモンの分泌が抑制され、生活リズムが狂ってしまい、

不眠などの原因となる可能性が指摘されています。

この青い光の波長は、人間の副交感神経を刺激しますので、

青色光(ブルーライト)は、副交感神経を刺激します。

長時間青色光(ブルーライト)の下で、副交感神経が優位の状態で働けば、

身体は、バイオリズムを崩し、個人差はありますが、体調不良になる事もある訳です。

引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類は長い間、太陽光や有機物を燃やすことから得られる燃焼系の光(炎)の環境下で生きてきました。

プリズムで分光すれば赤から紫までまんべんなく光の波長が含まれています。

比べて人工照明はわずかの限られた波長だけです。

空恐ろしくなります。

急激な光環境の変化に遺伝子が対応できないことが起きるはずです。

すでに眼や神経系への障害をはじめ、

気づかないような深い傷がDNAに組み込まれる可能性は否定できません。

もう戻ることは不可能ですが、出来るだけ太陽光を活用し(窓際に座る)

機会があればランプやロウソクや、焚火の火を楽しむことを気掛けましょう。

(たぶん無理ですね。)

この世の事象はすべて陰陽セットです。

陽、極まれば陰となる、陰、極まれば陽に転ず。

人類はあらたな課題に良い答えを出せるでしょうか。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる