FC2ブログ

奇蹟のネジ

新幹線に乗ると、車内の電光掲示板が目につきます。

その中に各企業の広告もあります。

名だたる大企業に混じって必ず「ハードロック工業」のCMが流れます。

何年も観ていながら、どんな会社かと、気になっていました。

「ゆるまないネジをもって安心安全を提供し社会に貢献する・・・」

ゆるまないネジなんて本当にあるものだろうか?

先日,シンクロ的に駅中の本屋さんで「奇蹟のネジ」を見つけ即、購入しました。

本の帯がすごい。

『不可能を可能に変えた会社「ハードロック工業」のものつくりの原点とは。

ナニワのエジソンの異名を持つ若林克彦社長が明かす経営哲学・・。』

『英国、台湾高速鉄道、東京スカイツリー、瀬戸大橋で大注目』

『発売以来44年のロング商品として ;絶対にゆるまない; というその真価を

世界中で発揮続ける「ハードロック工業」・・・・

といったものです。

世界中を見渡しても、いまだかって「ゆるまないネジ」を発明したものはいない、

不可能だという常識を根底からひっくり返してゆくスリリングな過程と、

そのような「ネジ開発」に向けた若林氏の情熱と使命感にあふれた秘話には興味がつきません。

経営者としての矜持、哲学にも教えられることがたくさんありました。

「ゆるまないネジ」の構造や開発に至るまでの苦闘の足跡などは本を買って読んでください。

実に面白い逸話が次々に披露され読んでいて情熱の熱気に引き込まれてしまいました。

特に99.9%欧州連合に決まりそうだった台湾高速鉄道の受注合戦を、日本連合が

奇跡的にひっくり返した時、この会社の果たした貴重な役割・・・は圧巻です。

車中の数時間で一気に読んでしまいました。

乗り換えを危うく忘れるほどでした。

「利他に生きること。・・・」

「我欲が邪な心を大きくしてゆき自分を苦しめる。・・・」

「人に喜んでもらえるナットをつくれば、商品が勝手にPRして良いお客さんを連れてきてくれると。・・・・・」

絶対にゆるまないネジの製造にだけ特化した「ハードロック工業」は

東大阪にあるいわゆる「町工場」だそうです。

中小企業にとっては厳しい経済、社会情勢ですが、経営者の心の在り様が信用発展躍進の

確かな指針となることを教えられました。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる