孤狼の血

先日、話題作の映画、「孤狼の血」を観ました。

R15+指定(15歳未満は見てはいけない)です。

時代は暴力団対策法が施行される以前の昭和末、舞台は広島県のK市、

2つの暴力団が血で血を洗う抗争を続けていました。

勢力争いは熾烈を極め、冒頭から血しぶきが舞い硝煙の臭いが立ち昇ります。

双方の暴力団に顔なじみの一筋縄ではいかない悪徳刑事と

大学を卒業したばかりの新人刑事の2人が抗争の場に巻き込まれてゆきます。

ストーリーは黒沢映画の名作「用心棒」へのオマージュといった感じか。


主演はベテラン刑事の役所広司、新人刑事は松坂桃李、

この手の映画では右に並ぶ者はいない組長の石橋蓮司といった

そうそうたる役者さんが演じています。

実にハードボイルドの傑作です。

とは言え、万人に感動を与える映画ではないでしょうね。

シーンによっては嫌悪感に身震いする人もあるでしょう。

しかし、万人の、自分の中に潜む悪徳と暴力性を垣間見せる刺激だけは十分です。

人という存在は自身にとってもつかみどころのない迷路です。



今朝の新聞の書籍広告に親鸞の歎異抄が載っていました。

有名な一節「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」

「悪人正機」で知られています。



刷り込まれた「信念」ほど危ういものはありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる