FC2ブログ

ゆるめる


現代の多くの人々に観られる傾向があります。

日常生活の中にある、漠然とした不安感や怖れの感情。

拒絶感や言い訳、イライラ感。

生かされているという感謝が希薄。

ゆるめることが出来ていないからです。

解放を願いながらも論理や方法論に縛られた迷走の日々。

成長を解放の過程とみるならば、

大人になっても、還暦を過ぎて老境に入っても、

人生は辛いままです。

緊張感がとれないのです。

そして、ある時に気がついても、自分ではどうしようもない無力感に囚われます。

啓発セミナーを受けても、本を読んでも、知識だけは増えますが

改善の兆しは遠いのです。

リセットして、今の自分でいいのだ、あるがままでいい、

比較は無意味だと、根底から思えるまでには、さらに遠いのです。

生かされているという感謝、心の底から浮かび上がる喜びなどの

みずみずしい感性が劣化してしまっています。

スピリチュアルメソッドや精神世界、宗教にはまり込むのも、

こういう人たちが多いようです。

心が開けないので、本当の感謝ができないのです。

対人関係で常に受け身になってしまいます。

妙なプライドが傷つくことでしょう。

常に相対的な比較の文脈の中でしか生きられない認識で

頭の中がいっぱいです。俯瞰など思いもよりません。

自信がないので、言うべきことばにつまります。

漠然とした劣等感、絶え間ない感情の抑圧、我慢・・・・。

すっきりしない日々が続きます。

これらのマイナスの感情や

悩みに対しどうするべきか?

原因を探そうとしますが、あまり意味はありません。

記憶は、いかようにも作り替えが出来ますし、エゴが待ち構えています。

DNAや環境のせいにするのは真の自立を阻みます。

今の歪んだ認知や行動を修正する方法もありますが、

限界があります。

これだけ、情報にあふれている世の中で、

多数の人々が幸せ感をうち捨てて

エゴから来る緊張を強いられるのは、

どこかに間違いがあるのだと思いますね。

社会生活を送る人の半数はこの傾向があります。

真面目で律儀、一見素直で我慢強い、

裏には漠然とした不安と恐怖、自信のなさ、

それを垣間見ては自他への怒りと抑圧、

無数の葛藤が横たわっています。

同じことを繰り返し書いたようですね・・・。



扉を開く他に解放はありません。

10年、20年かかっても、真の存在を確認するまでには。


「すでにそうである。邪魔をしない。がんばらない。感謝。」

よいお年をお迎えください。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる