FC2ブログ

セラピー


まいど会初期に発行された小冊子は常に傍らに置いて読んでいます。

私のセラピーのよりどころは次の一節です。


「エゴの海を出でて、膨大な意識の海にいるだけで自他の癒しが起こる。

それは内にある膨大な意識が解放されるからである」


治す側、治される側、の双方を画然と分けるのは、医学をはじめとする医療ですが

われわれのセラピーは治す側と治される側が混然一体となって高い意識に入るものです。

双方を分離できないのです。

自他の区別がない領域に入るからです。

ですから代替医療ですらありません。

たとえばクライアントさんも、私自身も、独自の呼吸法をしたり、

時に応じ「ゆるめシール」を貼り、

心身を深くゆるめることから始めるのが多いです。

思考、脳が静まりエゴが抑制されます。

うっかりするとセラピー中に一緒に眠ってしまうこともあります。

だが私もクライアントさんにも必ず良い変化が起きます。

症状が消え楽になり笑顔が生まれます。膨大な意識にふっと触れたのでしょう。

同時に、私自身にも爽やかな解放感が湧き上がります。

数十分のセラピーの中で実質的な自他の癒しの時間はおそらく短時間でしょうか。

もちろん、各種技法も使います。

本来はセラピー(therapy)という単語も代替医療という分野を濃厚に包含していますから

適切ではないのです。

言語の限界を思い知らされます。

言い換えれば、

非言語の世界を言語で語るもどかしさです。

極めて分かりにくいと思います。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる