光ブースター

bsDSCF0207.jpg

先日は久しぶりの澄み切った青空、爽やかな秋風が心地よい日でした。

15年来のクライアントさんが2人でお見えになりました。

セラピーではなく、実習会の希望です。

82歳のFさん、77歳のMさんです。

2人とも女性で、これといった持病はなく、明るい素直な方たちです。

ふと、今日は「光ブースター」という画像を使ったら面白いな、との思いが

おきました。

Fさんは肩こり、背中の張り、目の奥の重み、歯が浮いた感じがあるそうです。

Mさんは、全身の倦怠感、体の冷え、下肢の重みと張り、が自覚症状でした。

名刺サイズより一回り大きい「光ブースター」の画像を2枚ずつお渡しし、

両手の中指を左右の画像の中心に軽く置いてもらい、ゆっくりと呼吸をしてもらいました。

軽く吸い,長めに吐く、呼吸の基本です。

5分も過ぎるころ、2人とも体が熱くなりましたとのこと、

しばらくするとFさんは肩こりがとれました、Mさんは全身が熱くて汗が出ました、

とのことでした。さらにそれから7,8分経つころには

Fさん、Mさんともに症状が消えて、体がとても軽くなったそうです。

私は、そばにいるだけで特に何もしたわけではありません。

Fさんは「不思議かね~~~~」、Mさんは「暑い暑い~~~体が軽い」

ひとしきり画像のお話で盛り上がりました。

庭になった柿やご近所さんからいただいた梨をむいてもらい、

これまた近くの茶園のおいしいお茶を淹れてもらいました。

もちろん、水は準備していた「冬虫夏草」です。

ゆったりとしたひと時を過ごしました。

画像には『「意識」によって呼び起こされる作用機序。』があります。

それを、深く実感していただきました。

ただただ、ありがたい気持ちがわきあがりました。

以前、「光ブースター」は実習会で使用したり、ご希望の方には差し上げていました。

今も使っておられるでしょうか。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる