風の旅人

bsDSCF0540.jpg

深夜になり、風が強くなったり弱くなったり、脈動をうつようにガラス戸をうつ。。

台風の近づく気配が迫ってくる。

庭の様子を見ようと扉を開けたら、扉の下部のアルミ枠に蛾らしきものが

留まっていた。

普通の蛾に比べればはるかに巨大だ。

物差しを取りに家に入り戻ってきても彼はじっとそこにいた。

ゆっくりと、物差しを当てる。

幅は16㎝、長さ6㎝ほど。

街中ではないので、蛾はたくさん訪れるが、このように大きい個体は初めてのような気がする。

しばらくは、眺めていた。

微動だにしていない、

死んでいるかもしれないと思い、指をそっとあてると

横のほうにわずかに移動した。

あは、生きている。

たぶん、南方に住む蛾だ。

台風とともに風に乗って上空高く舞い上がり、

気流に乗って何千㎞もの旅をして

たまたま、うちの庭に舞い降りた、という物語が浮かんだ。

おつかれさま。

しばらく休んでいいよ。



夜半から明け方にかけて風と共に雨も強くなった。

朝、庭に出ると、水浸しになって散らばった枯葉のなかに彼の骸があった。

せっかくの遠くからの旅人だし、深夜の珍しい訪問者だし、

ブログにアップするね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる