輪ゴム


随分以前にならった「インナーマッスル」という技法を今でも時々やっています。

左右の手で、適当な大きさの輪ゴムをつまみ、(指にひっかける)

左手を胸の前で固定し、右手で輪ゴムを引き右方向に伸ばす、

ある程度の張力になったら、

右手でつまんだ伸びた輪ゴムをできるだけゆっくりと、

引かれるままに戻してゆきます。


この時に、引っ張られていることに意識を置きます。

これを20回ほど繰り返します。

次に、左右を換えて同じようにします。

毎日、2,3週間も続けると受動感覚が生まれてきます。

余計な思考が抑制され実に気持ちいい、うっとりとした体験ができます。

同時に、体中のインナーマッスルが総動員され代謝が良くなります。

おすすめです。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる