ミュシャ

bsDSCF0476.jpg

先日、長くその開催を待ち望んでいた「ミュシャ展」を観に県美術館に出かけました。

以下はパンフレットの引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる独特の作風で19世紀末パリの寵児となったアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、

アール・ヌーヴォーの旗手として、その名を美術史に残しています。

美しい色彩と流れる曲線の華麗な女性像や花の装飾に、

スラヴ民族芸術や日本美術などの要素を取り入れた作品は、

誰もが一度は目にしたことがあるほど不動の人気を誇ります。(引用おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

凡そ100年ほど前に花開いたアールヌーヴォー(新しい芸術の意)は

現代でも決して色あせることなく、多くの人を魅了し続けています。

チェコ出身のミュシャは主に商業デザインで才能を発揮し、

たくさんのポスターや装飾の分野で活躍しました。

美しく若い女性、様式化された流れるような曲線、効果的に強調された輪郭線、

石版画特有のくすんだ色調、そしてそれと見事にマッチングするレタリング、花、虫、たち。

当時のフランスのデザイン界を席巻した第一人者です。

観ていて飽きません。









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる