良寛さん

熊本を襲った大地震。続く余震と激しい雨風・・・・・。

渦中にいらっしゃる方々の心中を思うと、かける言葉も見当たらない。

うちの近くにもおよそ4000年昔の活断層がはしっていることが分かっている。

そして、いつ何が起きるかわからない。

「いま、ここ」。大切に生きる他には何もない。

次の文章は、2年ほど前にネットで見つけた良寛さんのお話である。

以下は全て引用である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。死ぬ時節には死ぬがよく候。

これはこれ災難をのがるる妙法にて候」は、

近くの町を中心に大地震が起きた年、良寛が知人にあてた見舞い状の一節だ。

 このとき、良寛は71歳。災難や死はまぬがれようとしても、できるものではない。

自然の法則に身を任せようという心境が手紙から読み取れる。

健康が悪化するのはその2年後になる。

死期のせまった良寛に対し、

貞心尼は「生死など超越したつもりなのに、いざ別れとなると悲しい」という意昧の歌を送った。

良寛はこう詠み返した。

「うらを見せおもてを見せて散るもみじ」

 もみじの葉には表があり、裏がある。裏のない葉も、表のない葉もない。

表裏一体だからこそ、もみじの葉なのである。

人間社会での是非、善悪、貧富、貴賎‥、これらもすべて表裏一体と言える。

 良寛の生き方を「任運」、運に任せきったものだという見解がある。

達磨の行の二番目に「随縁行」があるが、

「勇猛な心」を持って自身の中にある仏性に目覚めながらも、

人間であるかぎり生、老、病、死からは逃れられない。

良寛は「縁」に従って、正直に一生懸命に生きた。

良寛には、もう一つ、辞世の歌が残されている。

「形見とて 何か残さむ 春は花 山ほととぎす 秋はもみじ葉」

 もみじの枯れ葉は肥料となり、新たな生命を生みだす。

良寛は最愛の貞心尼に看病され、蒲団の上に坐り直し静かに亡くなったという。

1831年、74歳であった



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる