神様

先日、仲間が集まって勉強会をしました。

話題は、神と神様

神と神様の違いは何か?

神様は、人の脳が創りあげた一種の概念です。

ですから無数にあり得ます。

宗教教団がたくさんあるのはそのためでしょう。

アマテラスは神話の成立する中で、形造られてゆきました。

大宰府の菅原公は人霊です。

ともに、3次元側のものです。

常に物語を背景にもっています。

時空間や質量という概念から自由にはなれません。

神は膨大な意識です。我々の4次元の実在です。そのものです。

内なる神です。

師匠の言葉に「人は完全に霊的な実在であって,未だかってどんな不調和にも

汚染されたことのない特殊な存在である。」とありますね。

純粋無垢な実在が我々の本質であり、神といえます。

高次元の実在です。

よりどころはここしかありません。

蛇足ですが、

どこかの「神様」を一心に祈っているときに意識の変容が起きるかもしれません。

そのわずかの隙に、「神」と触れることが稀にあるかもしれませんね。

気付かないうちに願いが叶う。

「神 様」を祈ってかなうのではありません。

「神様」という世俗的な分かりやすい装置(?)を使って、

たまたま、内なる神に触れた、そういうことです。

祈ってかなう、願ってかなう、の世界は幻想とみてよいでしょう。


心とは、精神と意識です。

精神は脳の側、言語的思考です。心理学の対象です。

観念に流れがちで、常に危うさや、もろさに見舞われます。

相対的な価値観がそれです。

人間だもの・・、の次元です。

意識とは、私たちは神と言っていますが、非言語的な実在です。

病気は膨大な意識しか治せない、となります。

いろいろお話が出ましたが、

真我は3Dと4Dの接点ですね。

大雑把なしめくくりでした。






















コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる