息吹

庭のしだれ梅の枝をあらためて見ると、開花がもういつでも良いような、

はちきれんばかりにつぼみの準備が整っておりました。

そう、指でポンとはじくとぱっと開くような・・・・・・。

枯草の下に透けて見えるのはスミレでした。

あらためて子細に観察すると、もう春の主役はとっくに出番を待っているようです。

昨年、猛威を振るった蔓性の植物たちは、例年は枯れるのですが、今年は

緑色のまま頑張っています。気候の温暖化を喜んでいるようです。

それにしても、

これほど急速な温暖化は異常です。

人間の仕業だけではないのかもしれません。

およそ半世紀前のこの時期は、当地でも雪が舞い、

いったん積もってしまえば日当たりの悪いところでは3,4日間は残雪があったものです。

つららをかじり、箱にそりをつけて坂道を滑ってはしゃいだ時代があったのです。

この7,8年粉雪が軽く舞っても積雪はなくなりました。

もう二度ともどれないのでしょうか。

我々が見ている森羅万象はいったい何なのでしょう。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる