愛しきものたち

simori01.jpg

すりガラスの向こう側に張り付いて食事中のヤモリ君です。

夜になるとこの時期は、光をめがけてたくさんの小さな虫たちが集まってきます。

だから、ここに張り込んでいればあまり苦労をしないで、

好きなだけお食事ができるということをこのヤモリ君は学びました。

丸々とよく肥っています。

冬には机の引き出しの奥とか、本棚の下で冬眠をします。

彼は何歳なのだろう。

代々うちの家を守ってくれている「家守」一族の一人です。

ヤモリ君だけではなく、実はすぐ隣のガラスにはアマガエル君も来ています。

にぎやかなガラス板の世界に集う愛おしい住人達です。

観ていて飽きません。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる