FC2ブログ

脳幹

脳幹は頭の中心部に位置し、生命の根幹を維持する重要な器官です。

この脳幹を意識してみましょう。

詳細な位置やその働きや構造などを調べるのも悪いことではありませんが

知ったところで大したことないです。

先ずは実践です。

意識するだけでもよいのですが、

両手を合わせて、合掌した手を鼻の付近に高さに持ってきます。

眼を閉じて、ゆっくりと呼吸をしましょう。

しばらくそのままにします、やがて

気持ちがゆったりと穏やかになるでしょう。

更には変性意識や受動的な感覚も得られるかもしれません。

仏教だけでなく様々な宗教などで取り入れられているのも納得できますね。

もう一つお薦めなのは、

立ってやる方法です。

両足を並行に置かず、

右足の前に左足を直線(一列)になる様に置きます。(時々左右入れ換えます)

人によっては少しふらつくかもしれませんが、

その時には片手を机や壁に触れて、支えましょう。

眼を閉じたほうがいいかな。

しばらくすると思わぬ嬉しい感覚を体験するかもしれません。

私たちは身近なもの(身体がそうですね)を使いながら

日々を穏やかに心豊かにすることを大切にしています。

年齢、知識量など一切関係ありません。

勉強会などでは脳幹体操を一緒に行うこともありますが、

上記2つはおすすめです。

単純で簡単なのが一番。
(シンプルイズベスト)

しばらくは続けてみましょう。


カラスウリ

bsDSCF1196.jpg

この季節、里山のどこにも見られるカラスウリ、

冬枯れの始まった野山では、赤い色が愛しいほどに鮮やかです。

カラスの大好物らしいですが、

人が食べても不味いです。

しかし、

ヒビ、あかぎれ、しもやけ等の特効薬になります。

お湯や、酒などに浸し指ですり潰ししたものを患部に

擦り込めば、あっという間に良くなります。

市販の薬など足元にも及びません。

飲んでも良いでしょう。

セキ止めにもなり、利尿作用も大きいです。

風呂に数個放り込めば、湯冷めなく芯から温まります。

身近にある自然の恵みに感謝しながら生きてきた時代が、

昭和までは確かにありましたね。


あき

立冬はとっくに過ぎましたが、晩秋という季節名がこころに響きます。

「あき」の語源は諸説あるそうですが、

果実や葉が赤く染まることから来た説が有力だそうです。

柿はやがて熟柿となって真っ赤になり、

南天の実はすでに赤く、緑の葉に囲まれて一層鮮やかです。

四季のある日本に生まれてよかったですね。

bsbsDSCF0299.jpg
bsDSCF0301.jpg
重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる