FC2ブログ

エゴ

先日の続きです。

サツマイモを植えるには、「いもさし」という植栽法をします。

種芋から生まれた沢山の蔓を適当な長さに切り取って、畑に作った畝に

埋め込んでゆきます。適当な養分と水分さえあれば自然と根付き、

やがて地下にはイモが育って行きます。

同じことはマルバルコウでも言えます。

マルバルコウは、サツマイモ属ですから、

蔓を刈り取って地面に投げ捨てておいても

その蔓から根を出し、増えてゆきます。

栽培種ではないので、土さえもほとんど要らないのです。

野生原種のしぶとさです。

タフでしたたかで煮ても焼いても生き残ろうとする意志は見事です。

戦う人間側には徒労感が伴います。

私はそこに、湧き上がるエゴと同じものを観させられて、

一種の無力感に陥るのです。


一旦、心の底に根付いたエゴは、刈っても刈っても根絶やしにはできません。

エゴはずっと以前に粒子である、と書いた記憶があります。

粒子ですから、分布に濃淡があり、またエネルギー量も様々です。

エゴは全身に広く分布しており、流れがあります。

流れる時に「一仕事」します。

人は、そのエゴの仕業に苦しみます。

この時に、意識さえ向けなければ、粒子化しません。

囚われなければいいのです。

もちろん、我々にはその実践法があります。





可憐な花だけど

s-akaihana[1]

可憐な花が目を引きます。

マルバルコウという植物です。

夏の終わりころから秋にかけて花を咲かせます。

最近は、荒地、耕地、庭先、どこにでも見られる蔓性の「雑草」です。

江戸時代に観賞用として日本にやって来たそうですが、

やがて、その逞しい繁殖力で、次第に全国に繁茂してゆきました。

とくにこの2,30年の気温上昇化傾向の波に乗り、目立つようになりました。

熱帯アメリカ産の多年草というだけのことはあります。

ヒルガオ科のサツマイモ属だそうで、一旦、居座られると

茎を抜いても焼いても次の年には顔を見せます。

地下茎がイモ状で、これを掘り繰り返し、焼いて砕いて磨り潰すくらいにまで

しなければ、絶やせません。

庭や耕地に絶対に入れてはなりません。

気ついた時には、庭の植木は蔓に纏われ衰弱してゆきます。

モノには必ず両面がありますが、

農民や園芸家にとってはやっかいな訪問者です。

可憐さに騙され、気づけば、居座られ。

今日も昼過ぎから、「引っこ抜きのイタチごっこ」をしなければなりません。



重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる