FC2ブログ

季節


bsDSCF0262.jpg

10日ほど前は、滅多に降らない雪が風に舞い初の雪化粧が見られた。

その翌日は、春一番となる嵐が襲った。

それからは、しばらく雨模様の日が続き、

ここ数日間は気持ち良い春の日が続いている。

この時期を待っていたかのように梅の花が咲き、

遅咲きの藪椿も可憐な顔を濃緑の葉の間からのぞかせている。

庭の陽だまりに目をうつせば、朝にタンポポの黄色い花が開き、

午後を過ぎるとしおれ始め、夕方にはしぼむ。

やがて数日で綿帽子のように丸くなり、風が吹けば種子が気流に乗って

遠くに運ばれる。

自然は、ほとんどの人が気がつかないままに春の供宴に向かう。

人間関係やお金などの煩悩に煩わされることをしばし横に置いて

ながれゆく自然の営みに目をむけてみよう。

何も考えずに、春にひたる・・・・・ひと時・・・。


bsDSCF0263.jpg

立春

bsDSCF0257.jpg

2月4日は立春です。この日を起点として、寒さもやがて和らいでゆきます。

日射しも伸びてゆきます。

今朝、搾りたての新酒をいただきました。

一緒にいただいたパンフレットにはこう書いてあります。

「今年一年の幸運と繁栄を招く縁起酒。

立春の日の朝に搾り上げた、究極のしぼりたて・・・・・・・」

嬉しいですね。

この喜びを皆さんにもおすそ分けします。







坐と座

無意識に、気になりながらも、

長いこと確認をしておかなかった漢字に「坐」があります。

どうも学校で習った記憶がない、にもかかわらずよく見かける漢字です。

調べてみました。

坐は「当用漢字」には入っていないそうです。

だから学校で習ったことがないのは確かです。

昭和31年ころ、文部省管轄下の国語審議会が何千もある漢字を整理して、

まとめてしまった結果らしいのです。

その中に、坐は座に置き換える、との通達があったそうです。

本来、坐は「すわる」という動詞の意味、「sit」

座は「坐る場所、地位、所在地など」つまりは名詞、「seat」

ですから、座骨神経痛は正しくは坐骨神経痛なのでした。

調べれば、なんということもないのですが、

すっきりしました。

もやもやが晴れると、気分がいいものです。

こういうのは、他にも結構あるものです。

気になりながら、そのままの、車のボディーについたウロコ状の水垢、

「small」と「little」はどう違うの?など。

お暇な時にどうぞ・・・・。


重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる