夜空

Lさん

最近、夜空を見上げたことはありますか。

曇り空の多い日が続いていますが、

南東のあまり高くない位置に、赤く輝く星が見えます。

火星です。

地球と火星は異なった周期で太陽を公転していますので、

互いの位置関係が変化しますが、最接近の日が間近だそうですね。

なるほど、大きく見えるはずだと思いました。

時には、夜空を見上げてみましょう。






ミュシャ

bsDSCF0476.jpg

先日、長くその開催を待ち望んでいた「ミュシャ展」を観に県美術館に出かけました。

以下はパンフレットの引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる独特の作風で19世紀末パリの寵児となったアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、

アール・ヌーヴォーの旗手として、その名を美術史に残しています。

美しい色彩と流れる曲線の華麗な女性像や花の装飾に、

スラヴ民族芸術や日本美術などの要素を取り入れた作品は、

誰もが一度は目にしたことがあるほど不動の人気を誇ります。(引用おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

凡そ100年ほど前に花開いたアールヌーヴォー(新しい芸術の意)は

現代でも決して色あせることなく、多くの人を魅了し続けています。

チェコ出身のミュシャは主に商業デザインで才能を発揮し、

たくさんのポスターや装飾の分野で活躍しました。

美しく若い女性、様式化された流れるような曲線、効果的に強調された輪郭線、

石版画特有のくすんだ色調、そしてそれと見事にマッチングするレタリング、花、虫、たち。

当時のフランスのデザイン界を席巻した第一人者です。

観ていて飽きません。









木漏れ日

bsDSCF0457.jpg


小さいころは病弱でよく熱を出しては寝込むことが多かった。

小学2年生のころだったろうか、春から初夏に変わるころ、

10日ほど寝込んだことがある。

病状もかなり落ち着き、小康状態になった日の朝、

母が座敷の障子を思い切って開けてくれた。

爽やかな風がふわっと吹き込んできて、頬を撫でるような優しさに思わず深呼吸をした。

首を外に向けると新緑の燃えるような黄緑色の柿の葉の重なりから射す木漏れ日が

あまりにも活き活きと目に映り

「生きている」「生かされている」というような圧倒的な実感が湧き上がってきた。

「生」を意識した初めての記憶である。

今日は立夏。

いつも思いだす、若い母と新緑と柔らかな透明な風。


重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる