セラピー

クライアントさんは実に様々な症状や、それに伴う葛藤をもって来院される。

身体症状やこころの問題をはじめ、死への怖れ、経営問題、人間関係、など

といった具体性を帯びたことがらまで様々である。

特に心身の症状にセラピストとして何ができるのか?。

症状を軽減することはそれほど難しくはないが、

症状を引き起こしている原因を見つけることは身体だけに限れば分かることもある。

だが、その先にある人の実存に関する深い部分については、不可触領域ゆえに

互いに触れられないことが多い。

言語表現の困難さに伴う制限やさらに奥にある深層領域だけでなく、

この分野にも、深い迷いや葛藤が重層的な厚みを持って渦を巻いているからだ。

簡単に言えば心の歪である。

もちろん誰にもあるが、健康な人は偏りが少ないだけである。

その状況をそのままクライアントさんに気づいてもらうのが重要である。

クライアントさんの心の闇の部分から何がどのような形で浮かび上がってくるのか

見守るだけである。

セラピストとクライアントはともに、この空間を漂い流れてゆく。

そして、あるとき何かに触れる、と思える一瞬がある。

ともに、自我(エゴ)が抑制されたと思えるときに、「意識」にゆだねるほかはない。

その時に治癒はおきる、のではないか、と思う。

セラピストが実施するこのあたりの、手順はもちろんある。

と言っても、特別なことではない。

真我に意識をおき、あとはまかせる、つもりで待つ。

セラピストの真我で、声なきメッセージを聞くことができるかどうか。

合わせ鏡のクライアントさんにもそれが分かる。

ゆえに鉄則は、修正や、指示、アドバイスなどはしないことである。

現実には、特殊な技法も使うし、「心の問題ですよ」などと言ったりはする。

しかし根幹は上記のようになるよう日々の実践を重ねている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上のことを簡単にまとめれば、

心身の症状は、怪我や事故も含めて、心の奥深いところに歪があるからです。

セラピストとクライアントさんはともに心的空間を漂いながら、

言葉では表せないが、何かに触れるときがあります。一種の俯瞰ですね。

セラピストとクライアントに信頼と共感があれば、そのときに治癒が始まりますよ。

ということです。




結界

「結界」と聞けば知識の豊富な方は、

たとえば密教などで修行、行法のための清浄な空間を構築することだとし、

邪気が決して入らないようバリアーを張ること、などといいます。

方位や方角、広さ、法具、供物、など、儀軌に従った決まりがあるようです。

専門集団による入念な準備と、複雑な所作に裏打ちされた華麗な空間であったり

部屋の四隅に何かのモノを設置するという簡単なものもあるでしょう。

それはそれで、よいと思います。

ただ、私たちは空間や時間、質量などは脳が世界を認識または認知するための

枠組みにすぎず、ある意味「幻想」にすぎないとします。

したがって、方位も位置も広さも無関係に過ぎない。

(そのように、心の底から思えればの話ですが。知識の深い人にはこれこそが
認知の偏向となってしまうのです。)

本当は、誰にも聖なる浄化された場に「在る」ことが可能であると。

本来、人は神性の表現です。

これこそが、人を人たらしめる本質ではないでしょうか。

人のイノチは未だかって何ものにも汚染されたことのないかけがえのない実在なのだから。

人そのものが聖なる実在なのですが、それを忘れています。

「忘却」というこれまた強固な脳の仕組みで封じ込められ、

いく生にもわたる厚い層に覆われて置き去りにされてきた「真実の光」の輝きを

取り戻すことが重要なのですね。

師匠からトレーニングがスムーズに進むように「結界」○○を頂いています。

所定の画像を好きなところで燃やすだけです。

方位や範囲などは気にしないのです。

気がつかないまでも、内なる神を思い出すことなのでしょうか。

人は時空間の呪縛にとらわれ思考の渦に巻き込まれエゴが湧き上がりますからね。

ふっと、そっと、思考という魔物に触れないように、さりげなく、燃やします。

体感的には一瞬にして気の通りがよくなります。

きっと、「では及ぶ範囲は?」と聞く人もいるでしょうね。

そういう方はそれでいいでしょう。

いろいろと考えてください。

結界の定義?が違います。

『「意識」によって呼び起こされる作用機序。』

この理解を避けてはどうしようもありません。

分かろうとすれば、わからなくなるでしょう。

禅の考案でさえ、これほど難しくはありません。

我々の言う「意識」が心理学の意識と全く違うからです。

言語という限界なのです。

不都合な邪気を遮断し聖なる空間を設定するという思考は、

とても分かりやすいのですが、

これは、この世の人の心の仕組みであって

高い次元の無限無辺の叡智とは相いれないものと私は思うのですが。

これは私なりのレポートです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*いつも思うのですが、無限ってどういうこと?
もちろん数学的な問いではないですよ。

*無辺ってどういうことなのでしょうね。




自由

40年ほど前、深夜、ろうそくの明かりだけの部屋で瞑想をしていた時のことだ。

全身の力を抜き、深く呼吸をしながら、光のゆらぎにまかせていたとき、

突然、自身の意識が体から飛び出してみるみる膨らんでゆく。

月明かりに鈍く光る屋根瓦、見おろすと街の光がひろがっている、光る海、雲

あっという間に成層圏を越え、地球を飛び出し、

気がつけば虚空に浮かぶ己があった。

目の前には、星、星雲、霧のような流れが・・・・・・・。

ふと、足元を見れば、支えるべき大地はない。足下に無限に広がる闇の空間、

そして星々の輝き・・・・・。何?足元に星?

虚空にぽつんと浮かぶ自身に気がついた瞬間、とてつもない孤独感と恐怖感が襲ってきた。

戻れるのか?と、・・・・・・・。

そう思った一瞬後、あっという間に部屋に戻った時の安堵感。

何を私は体験していたのか。

眠っていたわけではない、非常に明晰な澄んだ意識ではあった。

それから、数日をおいて何度か似たような体験があった。

当時は、この種の体験を説明する資料は皆無で、むろん聞いてくれる人はなく

時が流れた。

今思う。単なる脳内現象だったのか、

大いなる意識と瞬時に触れたのか、

体験の中にいくつかの矛盾があることは確かだが・・・・・。

一時「愛」「自由」に触れたのかもしれないが未熟さゆえに、それを拒否してしまったのか・・・。

今言えることは

自身を含め果てしない壮大な宇宙を瞬時に意識できる可能性があるということ。

すくなくとも、つもりにはなれる?

だが、一方で思う。

我々が叫ぶ解放とか自由とはなんだろう。

思考であつらえたささやかな物語にすぎないようだ。

私は少しは泳げる。プールや砂浜の海岸で、いざとなれば足の着ける深さで。

だがもし、太平洋の真ん中で、陸も島も見えず周りにはもちろん船もない、

水深は数千mだったとしよう。何の枠もない自由の設定である。

そこに、ぽつんと放り出されたらどうなるのか。

恐怖感が襲ってくるのではないか。

無限に広がる時空間の「海」に人は圧倒されるだろう。

自由を喜びまた希求するには、逆説的ではあるが制限が必要なのだと思う。

「額縁」の中の幸せ?

それがエゴという限界であり思考の論理である。

人類は未だ無限の自由を受け入れる段階にはないのかもしれない。

この世での自由の究極は死、つまり肉体からの解放である。

高次元の絶対的な自由は人類にとっては恐怖なのだと思う。

それを回避するためにエゴという強固な障壁を自らが創りあげた。

人類の文明はその創世の物語なのだと思う。

肉体という器はまだ人類には必要なのだろうね。

いまの私には、世間知という狡さと結果、柔軟な精神を失った自身がのこっている。

くだらない知識とそれにまとわりつく感情の重さが身を包んでいる。

だが、

幸いなことに「美しい」方向に向くベクトルは見失っていない。

師匠のおかげである。




練習はたいせつ

-kanna.jpg


馴染みになったクライアントさんからよく聞かれることの一つは、

「壁に貼ってある Hekon,Fukuranって何なんですか 」

「ああ、へこん、ふくらん、ですね。

呼吸に意識をおくことをいつも忘れないように貼っています・・・・・」

「こういうことなのです。」

呼吸をゆっくりする、

下腹に軽く意識を置き、

へこんでいるときに

「凹んでいる、凹んでいる・・・・・・」

ふくらんでいるときに

「ふくらんでいる、ふくらんでいる・・・・・」

と心の中でつぶやきます。

コツは、凹み始めて直ぐに言うよりもすこし間をおいて、

へこんでいる下腹を観察するような感じで心の中でつぶやく。

唇は動かしません。

ふくらんでいるときにも同様に・・・・。

5~10分も続けると一種独特の状態になります。

よけいな連想が起きにくいので、無心な変性意識が生まれます。

とても気持ちがいい、穏やかで静かな感覚がうまれます。

うまくいったときには、生かされていることへの深い感謝が湧き上がります。

エゴが浮かんでこなくなるのです。

歩きながら、電車の中で、車を運転しながら・・・・・。

10年以上も前に師匠から教えていただいた基礎トレーニングの一つです。

同じころ、「見切る」、「ミを入れる」も習いました。

徹底した自己観察です。

一言で語るのは難しいですが・・・・。

断続的に思い出しては、やっています。

仲間のみなさんたちは多分続けていると思いますよ・・・・・。


さて、

最近、マインドフルネスなどと呼ばれ、一躍脚光をあびてきた一種の動く瞑想

があります。目的として社員教育の一環だったり、ビジネススキルの向上、

などを掲げているようですが・・・・・。よく似てはいます。

雑誌TIMESに取り上げられたり、NHKで特集されたり・・・・。

また、臨床心理分野では最新の認知行動療法として教科書にも載っているのだとか。

そんなことは、われわれには、とっくの昔から日常生活に取り入れて更なる○○を

体得しつつあるのですが・・・。

もちろん源流は禅、更にディアーナ、3000年以上も前までつながる東洋の叡智です。

そしてもっと大切なことは広く深い世界への明確なベクトルの原点なのですね。

「いま、ここ」を確実に体得する近道かもしれません。

観念ではありませんよ。

実は真我も観念ではありません、実在する粒子です。

だから高い次元にふれる可能性があるというものです。

まいど会には、いわゆる秘儀などはありません。

シンプルなことを淡々とやっています。難しいのは継続なのですね。






梅雨の花

-ajisai (1)

アジサイの原種である、額アジサイです。

去年思い切って剪定したらたくさんの花が咲きました。

花言葉は「謙虚」だそうです。

言葉には似つかわしくないのですが青酸系の毒があります。

虫が寄り付きません。

可憐さの裏に毒?

表裏の分かりにくくなった我々の住む世界のようです。



愛しきものたち

simori01.jpg

すりガラスの向こう側に張り付いて食事中のヤモリ君です。

夜になるとこの時期は、光をめがけてたくさんの小さな虫たちが集まってきます。

だから、ここに張り込んでいればあまり苦労をしないで、

好きなだけお食事ができるということをこのヤモリ君は学びました。

丸々とよく肥っています。

冬には机の引き出しの奥とか、本棚の下で冬眠をします。

彼は何歳なのだろう。

代々うちの家を守ってくれている「家守」一族の一人です。

ヤモリ君だけではなく、実はすぐ隣のガラスにはアマガエル君も来ています。

にぎやかなガラス板の世界に集う愛おしい住人達です。

観ていて飽きません。




重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる