偽装

2週間ほど前、食品偽装発覚のきっかけとなった京阪神の某ホテルから封書が届いた。

貴方が食されたメニューの記録では、

夕方の立食パーティーと朝のバイキングに出した牛肉のステーキなどが

牛脂を使って調整したものであり、食品表示法に「抵触する恐れがあります」、

1000円分の商品券を同封しますので、受け取りを書いて返送してください、との内容であった。

そのような以前の記録が、食したメニューまで残っているのか、ご苦労なことである。

確かに2年ほど前に泊まった記憶がある・・・・。

ロビーには外国人らしき一団もいた。彼らにはどう対処したのだろうか。

名門ホテルが次々に謝罪を繰り返しているのをTVなどで見るたびに

日本のおもてなし文化の底の浅さが気になってくる。

策を弄しても最後には足をすくわれる、いずれ偽装は破たんする。

鏡に自分の偽りを映して、自身を騙していることになるからだ。

食品偽装問題をはじめ、日本の商習慣が醜くなってきた。

目先の利益にのみ目を奪われればこの形になる。

いったん失った信用を回復するのは容易ではないだろう。

日本の現状がみえる。縮図といってもよい。

先人が営々として信用を積み重ねて築き上げてきた日本はどうなるのだろう。

すべからく何事も正面から、正攻法で、堂々と、がいい。

創意工夫はそこにしか生まれない。

もともとエゴによる文化はありえない、

文化とは、人類の本当の意味での進歩の証であるからだ。







観る

Lさん

熟慮の先に平安や幸せがあったでしょうか。

めくるめく喜びや、わくわくするような楽しさが、思考の果てにあった試しがありません。

突然やってきたはずです。

思いもかけない訪れだったはずです。

だから心が躍動したんですね。

思考は生きてゆくうえで必要ですが、決して人生を意義あるものにするとは限りません。

どちらかといえば、どんよりと曇った生気の欠けた怠惰ではなかったでしょうか。

自身が観えれば、越えられます。

明日はきっといい仕事ができますよ。


ゆげ

遊戯(ゆげ)三昧(ざんまい)という言葉があります。

つらい状況を楽しむ、つらい状況でも楽しめる。

この境地にはなかなかなれません。

頭で考えては、きっと理解不可能の言葉です。

ずっと頭で対処しようとしてきた人は、分からない言葉です。

窮地に追い込まれ、もだえるような苦しみの果てに、自我を捨て去った自分と

真剣に向き合った時の境地のようです。

元プロテニスプレイヤーの杉山愛さんが、大学の講演会で言われた言葉です。






希望

ここ数日は、ずっと気分がよく、ご機嫌である。

ふと思いめぐらすに、その根源に気が付いたことがある。

日本シリーズで楽天が優勝したことだった。

80年以上の伝統を誇る名門であり、野球界のエリート球団巨人を

創設わずか9年の、選手層も総合戦力も厚くはない若いチームが破ったことだ。

ゲームだから勝負は最後まで分からないとはいえ、名門はたいていは勝つ、

という世俗のセオリーの一端が今回は敗れたことにある。

世の中のほとんどの人は、名門でもなくエリートではない。

日本は豊かであるといっても、みんながすべて金持ちというわけではない。

そういうような庶民に、希望や勇気をもたらしてくれた。

雑草のたくましさ、したたかさを見せてくれたことだ。

さらにまた、

東北の被災した方々におくる未来を照らす希望の灯となったことだ。







遠隔トリートメント

先日の夕方6時過ぎに、韓国旅行中の知人から国際電話があって、

「家内が下腹部の痛みで急に苦しみだした、遠隔療法を頼みます・・・・」

いつものように、淡々とトリートメントをし終え、1時間ほどのちに

「軽くなりました、これで旅行が続けられます、・・・・」

との連絡があった。

この20年間には、国内はもとより、アメリカ(NY、ワシントン、アリゾナ、ハワイ・・・・)

中国(上海、北京、西安、・・・・・)、ヨーロッパ(パリ、ベニス、ハンブルグ・・)

などから依頼があり、幸いにもほとんどの方の症状が軽減した。

自分でも不思議だと思うが、外れたことがない。

すくなくとも何らかの快方に向かう変化があった。

いわゆる科学的な根拠はないし、医学的な証明はほとんど不可能だが、事実である。

今朝も早くから、心臓の不調を訴える電話があり、遠隔療法をした。

夕方には、おかげで一日調子よく過ごせた、とのお礼の電話があった。

遠隔療法の技法はいくらでもあるが、基本的には意識の次元の実在をしること。

多分、確信さえあれば、どなたにもできるはずだ。

たとえば、師匠から頂いた「浄化」画像を使うのもいい。

相手を軽くイメージしたのち、患部と思えるところを、画像でさするだけである。

画像に縁のあった人には誰にでも可能だ。

もちろん、画像がなくてもよい、その人のことをしばらく、ふわっと思えばよい。

「気」ではないので、力まないこと。

遠くにいる身内の人からやってみるとよいだろう。

ただし、重篤な症状のときには病院に行ってもらうこと。







重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる