山本一力さんの随筆集『男の背骨』の中に、

小林哲也さん(帝国ホテル社長)から教わったと言う言葉があった。
・・・・・・・・・・・・・・
小才は、縁に出会って縁に気づかず。

中才は、縁に気づいて縁を生かせず。

大才は、袖振り合う縁も縁とする。
・・・・・・・・・・・・・・
なかなか含蓄のある、心に残る言葉だ、至言と言っていいだろう。

才とは能力ではなく、その人の大きさだろうか。

1月ほど前、切羽詰った様子の、知り合いの中年の主婦から相談を受けた。

ご主人が長い年月、自室で昼間から厚いカーテンを引き、

暗い中でぼんやりと過ごしている、風呂にも入らず、ジュースだけを飲んでおり

奥さんの作った料理はほとんど食べない、体を動かすこともなく、

仕事は休業状態で経済状態も逼迫している、・・・・。

光を嫌い、水を怖れる、引きこもる、典型的なうつ症状である。

病院にかかっているが,いっこうに改善の様子が見られない・・・。

幸いに奥さんは、われわれのやっていることを理解し受け入れる姿勢があった。

そこで、師匠に難病対処のお願いをし、保健水を飲んでもらうことにした。

そして先日、様子を報告に来られた。

居間の明るい部屋に来るようになった、料理に手をつけるようになった、

風呂にも時々入るようになった、朝夕の「おはよう」「おやすみ」の言葉が

出るようになった、・・・・・・など。感動モノである。

しかし、夫の母親(姑)はあくまで、お医者様が治してくれた、薬が効き始めた・・・、

の一点張りだという。それはそれでかまわないのだが・・・。

そして主婦は、ひょっとしたらまた元に戻るかもしれない、

と言う恐怖におののいている。しかし、確実に小才は脱しているようだ。

受け入れる器が小さければ、縁さえも気づかないのである。

縁と言う言葉で、上記の至言を思い出した。

われわれは中才に終わるつもりはない。

『膨大な意識が治す、膨大な意識しか治せない』この言葉の重みは確信に近づいた。

だが、まだまだ、日常の自己観察ではエゴに引きずられるおのれが見える。

縁をどう生かすか。

受け入れる勇気だ、絶望の底から蹴上がって気づくほかはないのである。



兄弟

koneko shukushou


いたずら、腕白盛りの子猫たちです。

庭に出てきた1mほどのシマヘビを目ざとく見つけた彼らは

恐るべき速さと、跳躍力で押さえ込みましたが、

ヘビ君も必死に逃げました。

近くに石垣があって、その中にすべりこみ難を逃れました。

この写真は、へび狩りの5分ほど前に撮ったものです。

ふだんは、のんびりと昼寝したりじゃれあったりしていますが

野生の本能はすでに目覚めているようです。

とくに右はしのキョウシロウ君は凄腕です。

ふだんは、他の3匹の仲間と離れている孤高の男ですが、たまたまいっしょでした。

左の猫正座している子は唯一のメスでどこかおっとりとしています。

母親から猫パンチを受けないのはこの子だけです。

猫家族はどうやら母娘は仲がよさそうです。

男たちは、やがて荒野を目指して出てゆくのでしょうか。



ヘンリー

「あなたのニックネームはヘンリーよ」と突然の妻からの言葉。

近所の仲のよい主婦4,5人が会食をしたらしく,さらに喫茶店にも回って

すっかりご機嫌で帰ってきたのだ。

その中で近所の相応の男たちにニックネームをつけて大いに盛り上がったらしい。

「何で俺がヘンリーなんだ?」、「自然にそうなったのよ、ヘンリーさん」

「変理―」か、どきっとした。近所の人は私の詳しい職業は知らないのだ。

「上のYさんはジョージ、爺さんくさいし、ふふふ冗談がきついから、冗爺ね」

中堅商社の元部長さんだ。

「Kさんはリチャード」「え、あのガニマタのおっさんがか」

県の元農業研究所勤務の方だった。「何でリチャードなのか、」

「毎日チャリンコでパチンコに通ってるからよ、ほほほ、リチャリンコね」

どうもよく分からないが、「じゃ、Mさんは、ハハハ、ロバートさんよ」

バートランカスターに似ていなくもない、現役の海産物卸商だ。

豪腕でいまでも女性にもてるとのことだ。

そして一番若い現役の高校教師I氏はイワノフとのこと。

イギリス系のネーミングから突然ロシア系となった。

岩○さんと彼の色の白さを混ぜたらしい。

なおIさんをのぞき、上の4人をまとめてG4(爺フォー)と呼ぶことにしたらしい。

女性の連携、連帯感は男たちの比ではない。

何でも貪欲に話題にし笑い転げ日ごろの溜飲を下げているようだ。

何が話題になってるのか?、もう恐ろしくて聞きたくなかった。

G4会議でもやるか。


彼岸花

彼岸花縮小DSCF0086

彼岸花縮小DSCF0091


見事に、秋のお彼岸の日ころに咲く花、

われわれは曼殊沙華(マンジュシャゲ)と呼ぶこともある。

インドの仏教伝説に現れる天界の花。曼殊沙はサンスクリット語のマンジューシャカ

から来ているそうだ。

今年は猛暑が続いたせいだろうか、開花の日が2,3日遅れたようだ。

色はふつう燃えるような赤色だが、まれに黄色もある。

黄色の彼岸花は数%くらいだろうか、趣が全く違う。

日本では、周りの人に合わせて生きることが「うまい生き方」だと習っている。

フランスでは、周りの人とおなじことに悩みを感じる人がいるそうだ。

おなじ悩みでも、対照的なのだ。

つまり、悩みはいくつも自分で創ることができるのである。

人間の愚かしさだが、

それに気がつけば叡智に導かれるきっかけにもなる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////


関連のリンク

日本保健水本舗・・・右の欄のリンクからは入れます。

保健水体験談・・・・右の欄のリンクからは入れます。

大黒屋コメントルーム・・・・保健水を購入した方には入室パスワードをお知らせします。


怒り

外圧に対し日本の主権はかくも脆く,やがては内部崩壊して行くのだろうか。

あまりのお粗末さと、政権の幼さに震えるような怒りをおぼえた。

朝から、そのことで気分が極めてよくない。

見切っても湧き上がるこの怒り。

次の世代に何を伝えようとしているのか、何が残せるのか。

まさに無責任な政権へ次の言葉を送る。


ラ・ロシュフコーの箴言

「人生には時として、少々狂気にならなければ切り抜けられない事態が起こる」


きっかけ

レストランに昼食をとりにに行ったら、BGMがジャズだった。

聞いたような曲だがどうしても思い出せない。

こういうときは、やたらともどかしい。

努力は無駄、とは分かっている。知ってはいるが、きっかけがつかめない。

薄皮一枚下に記憶が隠れていると言うのに、薄皮が憎いほど硬いのだ。

外はいまだ暑かったし、室内は冷房が効いている、

汗ばんだシャツが急に冷たく感じられた瞬間、

思わずくしゃみしそうになった、そのとき、記憶が戻った。

映画『カサブランカ』のテーマ曲「時の過ぎゆくままに」だった。

ピアニストは多分、このジャズではビル・エヴァンスみたいだが・・・・。

かなりアレンジされており、原曲が分かりにくかったのだ。

くしゃみしそうなときや、くしゃみの瞬間は通常の思考の連鎖が千切れるときだ。

最近、思い出せないことが多くなった。年のせい、とは言わないが気にはなる。

こういうときには、くしゃみもいいものだ。ただし、自由にはならない。

自律神経の足元にあるからである。


いいとも

スーパータレントで司会者のタモリさんの一番の言葉は

「とりあえずやってみる」

「反省しない」

だそうである。

すばらしい!!と思った。

自分の番組を録画してあとで見る、などはしないそうだ。

思考(ほとんどがエゴ)があまり入らない方なんだろうな。

だからだろうか、見ていても肩がこらない。

20年も続く長寿番組にはそれなりのモノがあるんだね。

眉をひそめて批判する肩を凝らせる人よりはるかに大人だ。

反省なんて実は体のいい「言い訳」にすぎないが、

日本ではやたらと強制させられて、反省した事を反省させられている。

これでは、自己保身に走る人間も多いだろう。展望を消しゴムで消すようなもんだ。

これでもかと過去に連れ戻されるのだから、エゴの養成になってしまっている。

反省を強要する上司や教師にはろくな奴はいなかったな。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

お知らせコーナー

*日本保健水本舗 ・・・・・保健水などの注文はここからです。
 
http://hokensuihonpo.cart.fc2.com/

*大黒屋コメントルーム・・・大黒屋会長のお話です。

  http://www3.rocketbbs.com/13/bbs.cgi?id=hokensui

入室パスワード は保健水購入者の方にお知らせします。

*保健水友の会掲示板 ・・・・・保健水を使用されている方の体験談です。誰でも閲覧できます。
 
http://www3.rocketbbs.com/13/bbs.cgi?id=hokennsu

体験を投稿するにはパスワードが必要です。




管理人




朝顔

朝顔青白縮小


まだまだ朝顔が咲く。シンプルな白と青だ。

存在に気づいてから半世紀をとうに越す、同じところに、ずっとおなじ色と形である。

改良品種(改作)を咲かせることから幸いにして無縁のまま時が過ぎた。

だから、半世紀以上にわたるお付き合いが続いている。

「やあ、今年もお会いしましたね。種で冬を越したのですか?

今年は暑かったですね、あと1と月もすれば、またしばらくお別れですね。」

語る単位が世紀、人の寿命の最大限値がほぼ1世紀だから、

植物との対話にはちょうどよい。

「では、では、お元気で,ま、明日はお目にかかれますがね」




達磨さん

『武帝には留守とこたえよ秋の風』 其角

武帝と称される方はおざっぱでも12人、有名なのは漢の武帝、

しかしこの句での武帝は梁の武帝である。

かの有名な達磨大師を宮中に招いて尋ねた。

「仏法に帰依するとどんな功徳があるや」

達磨大師「功徳無し」

{お前さんは、何か力が欲しいがゆえに仏法に関心を寄せるのか?

そんなものありゃせんのだよ。}

武帝はさらに尋ねる。

「仏法の根底にあるものはなにか?」

達磨大師 「廓然無聖」

廓然(かくねん)とは虚空に一点の曇りもなきこと、執着のないこと、無心。

無聖(むしょう)とは、聖なるものなどありはせぬ。(多分、聖俗無し。)

つまりは、

{自我(エゴ)を離れよ、無力化せよ、されば分からんこともなかろう・・。

思考を止め、判断を忘れ,比較の愚かさを知ればよいのだ、難しかろうがの・・・。}

うるさく尋ねる武帝に達磨大師は嫌気がさして、少林寺に入ってしまったという。

武帝さんはわれわれと同じように、聞いて知識を得たかったのだろう。

おなじレベルのわが心、武帝さんが可愛そうになる。

師匠、われらを許されよ。

それにしても其角さんの古典の教養はすごい。

絶え間なく酒を飲み、酔っていたらしいが、天才だった。

涼しい秋風、陶然として全身にしみ渡る快き酒の酔い・・・・。

何か返事するのが面倒だったのか?

そんな中で、この秋の句が詠まれた。




経路

リチャード・ファインマンさんは天才的な物理学者だ。

もちろんノーベル賞を受賞されているが、ユーモア精神にあふれ、温かで、

彼のキャラクターがあふれるような著作がたくさんある。

若いころは私も大ファンの一人で「ご冗談でしょうファインマンさん」などのシリーズは

繰り返し読んだ記憶がある。

彼の著作は啓蒙書や物理学専門書はじめかなりの量になる。

大阪往復の帰り、キオスクの書店で竹内薫著『「ファインマン物理学」を読む』を見つけ

早速、買い込んでしまった。2年ほど前かな。

今でも枕元においてパラパラと眺めては寝てしまう。良質の眠り薬である。

さてその中に、「量子力学に経路がないこと」と言う一文がある。

勝手な私の解釈を交えて書けば、

ファインマン流の量子力学では

「可能なあらゆる経路について、重みをつけて複素数の世界で足す」のだ。

これは「経路はあらかじめ決まっていない」と言うことらしい。

荒っぽく言えば原因結果論が存立しないのだ。

ところが一方で「本当は隠れた変数が存在していて、量子の経路はちゃんと決まっている」

と言う主張(理論)があるらしい。

どうしても原因結果を定めなくては気が済まぬ物理学者もいるのだ。

これに対しファインマンさんは、因果関係を見出すことは不可能である、と明言して証明している。

因果関係を知ること、明らかにすることは叡智なのか?

われわれはこれを明確に否定する。

因果関係はどこまでも思考の世界に過ぎず、何ら本質を述べてはいないし、

膨大な意識に至っては、本質さえないのだから。

さすが、ファインマンさん。

俗な言葉では、「人のせいにしちゃあならねー、おめえの心がけが悪いのよ」なのだ。


重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる