FC2ブログ

カルマやトラウマ


カルマやトラウマ、様々な病気などは、

私たちの脳の中にある都合の良い言語です。

時間空間の物質世界のなかで自分の存在を定義付け、理解するために

作り出した思考形態です。

宗教や信仰、ほとんどの哲学、主義思想、心理学、医学、個人的な信条などは

ここから派生しています。

悪いと言っているのではありません。

脳の持つ正当性を脳が証明しようとう努力ですから。

折り合いがついければ、それでよいのです。

しかし最近、相談が相次いでいます。

苦悩から解放されたいという根源的な強い願いです。

そして、カルマやトラウマ等が原因だと知識で知った、知っている、

ではどうすればいいのか、という相談です。

脳にある声に疲弊し、行く先も見当たらず、・・・つらいでしょうね。

私たちは、脳圧を下げる技法を使います。

ひたすら、ゆるめることを心がけています。

その心象を眺め俯瞰します。

あるとき、脳ではない高次元の意識の扉に触れるかもしれません。

そこから新たな日々が始まるでしょう。

とはいっても簡単ではありません。

人によっては長い長い年月が必要かもしれません。

いろいろな団体がたくさんのシステムを提供していますが、

どうなのでしょうか。

私たちには、画像燃やしというシンプルで継続可能なものがあります。

すでに変容の兆しに気がついた方も出始めました。


*カルマ、トラウマ、さらには神様なども、意識の扉の内から見れば、実在しない幻想です。






梅雨入り


bsDSCF1358.jpg

今年も、梅雨入りのこの時期、

律義にも可愛らしい花を咲かせてくれました。

ガクアジサイです。

多分私よりも年上のはず。

それにしても何年たっても変わらない奥ゆかしさです。


このアマガエル君は、玄関のガラス扉に貼り付いたまま動こうとしません。

曇り空とはいえ、時々強い日差しが襲ってきます。

皮膚が乾燥して枯れてしまうのではないか、と心配になってきました。

彼は朝から昼過ぎまで完全に不動。

たまりかねた私は彼に、「新美容液」をスプレーしました。

保湿力に優れた保健水です。

濡れて目覚めたのか、もぞもぞと動いたところです。

bsDSCF1359.jpg

数ミリほど動きましたが、またピタッと静止。

たまりかねた私は指でそっとつまんで近くの草の上に置きました。

けれども草むらにはカラスヘビがいるかもしれません。

さてどうなるか、余計な干渉はしなかった方がよかったかも。

リラックス

例えば海や山など自然の中に溶け込んでボーっとする状態、

リラックスできて、何はなくても喜びや嬉しさが

湧きあがるような時間の過ごし方は好ましいと言えます.


しかし、多くの人はその過ごし方が下手のようです。

ぼんやり、ぼーっとする、やがて知らぬ間に

ネガティブな思いにとらわれてしまいがちです。

過去の後悔、未来への不安、

とりとめのない脳内会話、

あっちに飛び、こっちに飛ぶ脈絡のない、雑多な思いがうずが巻いてきます。

たくさんの妄想にも似たネガティブな物語を次々に紡ぎだして行きます。

それだけで疲れ果ててしまう人々・・・・。


最近の研究によれば、集中してものごとを考えるよりも、

ボーっとして取りとめのない思いの連鎖のほうが、

はるかにエネルギーを消費するということが分かったそうです。

つまり、疲れ果てる、ということです。

肉体的疲れはすぐに取れますが、

脳の疲れの解消には時間がかかります。


ゆっくりと過ごしたはずの休日の翌日に

重い気怠さや気分の落ち込みをもちこむ人は

ボーっとする過ごし方の中にある毒(エゴの特性)に

気をつけたいものです。



私たち会員は、かような泥沼にはまらないようルーチンを工夫しています。

見切る、身を入れる、その入り口になる所作。

ラグビー日本代表の五郎丸選手のルーチンは有名になりましたね。

モードを切り替える練習はいくつかあります。

会員の方は思いだしてみましょう。



囚われからの解放

いわゆる『囚われ』のほとんどは、

古い感情の記憶が繰り返しによって想起されて

強固になってしまった感情のループ線を

何度もフルスピードで走るようなものです。

抜け出すことは、なかなか困難です。

強迫神経症などはそのひとつです。

はたから見れば何でそうなるの?なのですが

本人にとっては、この世の中で最強、最大の苦しみなのですね。

この苦しみから逃れさえすれば、私は幸せ、でもいまは不幸せ。

偏桃核をクリーニングするなど技法は色々とあります。

最近は、主に「画像燃やし」を使っています。

クライアントさんに「テーマ」を印刷した画像(A4用紙)を、

5~7枚ほど差し上げ名前を書いたりしてから、

自分で火をつけて燃やしてもらいます。

感覚の敏感な方は自らに起きる変化に気がつきます。

例えば

「全身が細かく振動した」「深い海の底にいた」

「星空に浮かんでいた」など、

一方では「よくわからなかった」「軽くなった気がする」など・・・。

感性はさまざまです。

感想は主観ですからどうでもかまいませんが、

肝心の「囚われ」はどうなったのか。

それは経過を見てゆかなければなりませんが、

まず慢性の腰痛、肩こり、片頭痛、膝痛、便秘などが

急速に改善したとの報告があります。

慢性症状は心の在り方が問題なのですね。

さらに数回の実習の後には「思い煩うことが少なくなった」

「人のことが前ほどには気にならなくなった」

「自分の抱える病気に向きあえるようになった」などです。

画像のテーマは「過去エネルギー消去」「初期化」「トラウマ解放」

「心のブレーキを外す」などたくさんあります。

この中には、コメントルームで師匠がプレゼントされたものもありますね。

お持ちの方は、印刷してたくさん燃やしてみましょう。

なお、思いっきりたくさん燃やしてみたい、という方には実習会などをしています。

お問い合わせください。





響きを聞く

「響きを聞く」、は私たちの基礎トレーニングの中でもとても大切な技法です。

特に、画像を燃やしたり、保健水を飲んだ後に、

実習すると「意識」の一端に触れた喜びを感じます。

実は、これが大切なんですね。

師匠の言葉から

『響きを聞くためには

呼吸をして

仙骨あたりに意識をもってゆき

あごをゆっくり引いてゆくと

いきなり響く位置がみつかります。

思い出したら、たまにやってみてください。』



基礎トレーニングで行き詰っている方にはお勧めです。



重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる