もがく人々


泥水の中で、もがいていている人があります。

かき分けても、かき分けても、目の前には同じ泥水ばかり。

まあ、濁りの濃淡は多少はあるかもしれません。

ふと水面にあがると、上空から垂れ下がるロープが目に入ったとします。

掴めば、助かるチャンスはあります。

先ずは、水面まで浮き上がることですね。

最近、クライアントさんを見てつくづく感じる一つの仮想風景です。

薬や手技などの3次元的な手段を使わずに、

心身が軽くなったという事実をどう思われるのでしょうね。



ラッキー

oniyanma]

先日の天気の良い日の午後、明け放した廊下から巨大トンボが家の中に悠然と入ってきました。

オニヤンマと称される大型のトンボです。大人の手のひらを優に超えます。

ゆっくりと仏壇の前を通り過ぎ、座敷を抜けて玄関から外へと出て行きました。

家の中を通り抜けるのは数年に一度くらいです。

思わぬ来訪者に思わず「ラッキー」とつぶやきました。

縁起が良いことが必ずおきます。

実は毎日良いことが続いているのですが、気がつかないだけ。

トンボ君ありがとう。




サッカー

配信記事から。

「サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選は今夜、

埼玉スタジアムで日本代表対オーストラリア代表戦を行い、

日本は2ー0でオーストラリアを降し、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。

 日本は前半からシュート数で相手を上回り、試合を優勢に進めた。

前半41分には、浅野のゴールで先制。後半37分にも、

井手口の豪快なシュートが決まり、値千金の追加点を挙げた。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実に気分が高揚します。

日本の多くの人々の心に、喜びの波動がじんわりと広がってゆくのを感じます。

喜びも、哀しみも波動となって周りに伝わるのは周知のことですが、

あらためて、その意義が大きいことを知らされました。

しばらくは、経済効果もプラスに転じるでしょう。

今後の活躍を見守りたいですね。





蜂毒


昼前に、庭の選定作業中、右腕を小型のアシナガバチに刺されました。

過去何度も蜂に刺されているので、アレルギー抗体があり、今回は危険領域のはずでした。

アナフィラキシーショックによる意識障害~死~です。

田舎暮らし故、こういう状況は避けられないので、準備はしていました。

まず、インセクト・ポイズン・リムーバーという毒吸出しの医療器具で、

数回、蜂毒を吸い出しました。

刺されて2分までは効果的とのこと、直ぐにとりかかりました。

しばらくは、かなり腫れが広がり痛みも増してきましたが、

2時間もしたら、完全に腫れは引き、痛みもなくなりました。

今回初めてこのポイズンリムーバーを使う機会になりましたが、効果は抜群でした。

ヒアリやマダニ、背赤コケ蜘蛛などはやがて身近に迫ってくるでしょう。

危険に備えて準備しておくといいですね。

デンマーク製で、ネットで購入しておいたものです。800円ほどでした。

それ以外にも、「Tレグ」というアレルギー対応の画像を燃やしました。

師匠にお願いしていただいたものです。

去年までは、毎日この水を飲みましたので、体質も変わりその効果も大きかったようです。

「備えあれば患いなし」でした。



がん血液検査

先日の新聞の第一面に「血液一滴 がん13種診断」という見出しが

大きく踊っていました。

腫瘍マーカーを使う現在の血液検査と比べ発見率が高く

ごく初期のガンも見つけられる、とのことです。

体への負担も少なく、費用も安い、

精度は9割以上、AIを組み合わせればさらに高まるだろう・・・。

*13種類とは、胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆がん、すい臓がん

大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガン検査法は日進月歩で向上しています。精度も高くなってきています。

必然のながれです。

良いことばかりのように見えますが・・・。

物事には,陰陽両面があります。

この世では何事もメリット、デメリットが表裏一体をなすのは常、

数値上のがん患者が急増することが予想されます。

医療利権の場に新しい展開を迎える可能性が大いにあります。

患者には検査診断を拒否する自由も大切です。

特に高齢者には「知らぬ安心」の選択肢も忘れてはなりません。

恣意的な一部を太らせるだけの流れには注意が必要です。






重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる